冬野菜たっぷりの「粉なっとうの貴州火鍋」で温活&菌活

知る人ぞ知る、中国・貴州省の郷土料理である「豆豉(とうち)火鍋」。貴州火鍋のひとつで、実は納豆菌と深い関わりがある料理なんです。

“豆豉(とうち)”とは、黒豆を発酵させて作る中華調味料なのですが、なんと貴州の豆豉は納豆菌で発酵させており、日本の納豆に限りなく近いと言われています。納豆×唐辛子の魅力がつまった、まさに発酵鍋!納豆好きにはたまらないお鍋ですよね。

そんな「貴州火鍋」を、はすや流にアレンジ!豆豉の代わりに「粉なっとう」を使うことで、スープにコクがプラスされて味わい深い美味しさに。キムチスープの中に、ほんのりと感じる納豆の風味がクセになりますよ。

キムチに含有されている豊富な乳酸菌と「粉なっとう」のスペシャルな納豆菌で、冬の菌活&温活はバッチリ♪ぜひ、おうちで手軽にはすや流・貴州火鍋を楽しみましょう!

「粉なっとうの貴州火鍋」


材料(4人前)
——————————————

[スープ]
お好みのキムチ鍋の素…3〜4人前
粉なっとう(パウダーor粗挽き)…大さじ3

[具材]
冷凍水餃子…適量
豚スライス…適量
キムチ…適宜
白菜…適量
もやし…適量
ほうれん草…適量
豆腐…適量
※具材はお好みでどうぞ

[シメ]
韓国春雨…適量


作り方
——————————————-

(1)鍋に、キムチ鍋の素と「粉なっとう」を溶かし入れる。

(2)お好みの具材を食べやすい大きさに切り、鍋に入れる。

(3)具材に火が通るまで煮れば完成!

※火の通りにくい白菜を最初に入れ、好みの硬さになったら、他の具材を入れるようにすると美味しく仕上がります
※冷凍水餃子はパッケージの茹で時間に沿って、お使いください


鍋のシメは、韓国春雨でさっぱりと!

お鍋の楽しみは、やっぱりシメ!
今回のレシピでは、さつまいもの粉でできた韓国春雨を使ったシメをご紹介しています。

この韓国春雨、しっかりお鍋を楽しんだ後でも、春雨なのでツルッとさっぱり食べられるのが魅力。煮込む時間が長いほどスープを吸って柔らかくなりますよ。麺の硬さはお好みで調節してくださいね。

もちろん、このお鍋はどんな麺でも合うので、おうどんや中華麺でもOK。チーズを入れたり、雑炊にして卵でとじても美味しいので、ぜひ色々なアレンジをお試しくださいませ。

※韓国春雨はパッケージに沿って戻し、お使いください

おいしさのコツ

最後に、今回は「粉なっとう」を大さじ3杯入れてみましたが、納豆がお好きな方はもっと入れても美味しそうです。あなただけの黄金バランスを見つけてみてくださいね!


▼今回使用した商品のお買い物はこちらから!