旨味と菌たっぷり!粉なっとうと鶏ときのこの炊き込みご飯

おなじみの素材でつくる炊き込みご飯は、なにげない食卓のごちそうですよね。秋から今にかけての季節は、新米でいろいろな炊き込みご飯を楽しむという方も多いことでしょう。

特におすすめしたいのが、たっぷりの鶏肉ときのこでつくる炊き込みご飯。二つの旨みがお米にしっかりと染み込み、おもわずおかわりしたくなる美味しさです。

今回は、そこに「粉なっとう」を合わせる菌活レシピをご紹介します。

「粉なっとうを入れると、納豆味の炊き込みご飯になるのでは?」と思われるかもしれませんが、納豆独特の風味は不思議と感じず、きのこの風味が活きた香ばしい味わいが楽しめるんですよ。

作り方はとてもシンプル。材料を炊飯器にいれてスイッチを押すだけで、おいしい“菌活炊き込みご飯”が完成します。底にできたおこげも香ばしく、多めに炊いてもすぐになくなること間違いなし! ぜひ作ってみてくださいね。

「粉なっとうと鶏ときのこの菌活炊き込みご飯」


材料(4人前)
——————————————-

材料の写真

米…2合
はすやの粉なっとう…大さじ1と1/2
きのこ
・しめじ…70g
・舞茸…70g
・干し椎茸…2個(10g程度)
鶏もも肉…100g
油揚げ…1/2枚
調味料
・お酒…大さじ1
・醤油…大さじ1
・みりん…大さじ1/2
・塩…小さじ1


作り方
——————————————-

【下準備】
・お米は洗って、ザルにあげて30分程度置いておく
・干し椎茸は水で洗い、100mlのお湯に10分程度つけておく
・鶏もも肉は小さめにカットし小さじ1の塩(分量外)をまぶしておく

(1)お米を炊飯釜に入れ、椎茸の戻し汁、粉なっとう、調味料を加えたら、2合のメモリまで水を入れて20~30分程度置いておく

(2)きのこ類を食べやすい大きさにし、油揚げは1cm角にカットする

(3)(1)に具材を乗せ、通常通りにご飯を炊いたら完成!(炊き込みご飯モードなどがあれば、それで炊く)

茶碗に盛られた炊き込みご飯


おいしさのコツ

「粉なっとう」は、あらびきタイプとパウダータイプ、どちらでも美味しく仕上がりますので、お好みでどうぞ。また、干し椎茸の軸は、お味噌汁等に二番使用していただけます。ぜひご活用くださいませ。

忙しいときは、おにぎりにしておくのもいいですね。さあ、手軽にはじめられる菌活炊き込みご飯で、年末を元気に乗り切りましょう!


今回使用した商品のお買い物はこちらから!